お口の健康|東急東横線 学芸大学駅の歯医者・歯科なら もんでん歯科クリニック

 

 
もんでん歯科クリニック

 

  

電話番号電話番号
 
 
 
お口の健康について

なぜ、お口のクリーニングは必要なのでしょうか?

定期的なメンテナンス(クリーニング)の重要性

     Why is oral hygiene so important?

 

35歳以上の大人は、むし歯によるものよりもむしろ歯周病(歯ぐきの病気)によって歯を失っています。

 
 
女性 歯ぐきのチェック
じつに、成人の80%以上もの方がこの歯周病(歯ぐきの病気)にかかり、問題を抱えていると言われています。
そして、この歯周病(歯ぐきの病気)は初期にはほとんど自覚症状がないことがほとんどです。
したがって多くの方がご自身の歯ぐきの病気に気づくことができません。
その間に歯周病(歯ぐきの病気)は進行し、症状は深刻になっていきます。
ご自身で気づいた時には、病気はかなり進行し、結果手遅れになってしまう事があります。
 
また、歯周病(歯ぐきの病気)の進行は慢性的に進む事がほとんどです。
慢性的なその経過のなかで、歯周病は歯ぐきに対してだけではなく、様々な全身の病気にも深く関与していることがわかってきています。
 
歯ぐきの健康のためだけではなく、お体の健康のためにも
ぜひ、お口のクリーニングと歯周病のチェックを歯科でされることをおすすめ致します。 
 
 
  

あなたが歯周病やむし歯で困らない一番の方法は、
効果のある正しいやりかたで、ブラッシングとフロスを毎日続けることです。

 

フロスをする男性

毎日の習慣として、歯をみがいている方がほとんどだと思います。
しかし、ご自身にあった正しいブラッシングとフロスを行っている方はまだまだすくないと感じます。
ブラッシングやフロスはやり方によりその効果は大きく変わってしまいます。
つまり正しいブラッシングやフロスを行わないと、ハブラシはしているけれど、汚れは落とせてないという悪循環になります。
 
ご自身にあった正しいブラッシングとフロスを毎日続けて、むし歯や歯周病で困らないようにしていきましょう。
 
 
 

歯周病やむし歯はどちらもお口の中のプラークが原因で起こります。

 
女医 写真

プラークとは無色透明な被膜のようなものです。
その被膜には歯周病菌やむし歯菌をはじめ、様々な細菌が住み着いています。それは歯と歯ぐきの境目にとくに多く張り付いています。
 
さらに、このプラークはあなたの歯の表面に日々継続してつくられているものです。
 
このプラークを毎日のブラッシングとフロスで取り除くことが、
歯周病予防、むし歯予防の第一歩となります。
 
 
 
 

ブラッシングのただしいやり方

 
歯ブラシ 写真

当院では、基本的にミディアムからソフトの歯ブラシをお勧めしています。
そして、みがく場所ですが、歯と歯ぐきの境目を目標に、ブラシ全体を45度歯ぐき側に傾けて当てていきます。その時、毛先がわずかにしなる程度の力の入れ方が良いと思います。
あまりにも強すぎるブラッシング圧は歯ぐきが傷つきますし、なによりもプラークを効率よく落とすことができません。
つぎに、一本一本磨くつもりで横に小刻みにやさしく毛先を動かしていきます。
ここでもあまりおおきなストロークではプラークが残ってしまいます。
みがき残しがないように、お口のなかでみがく順番をきめてはじめていきましょう。
 
 
お口の中を上下左右4つのブロックにわけて、まずは外側の面をすべて、終わったら舌側の面に移ります。
最初は鏡をみながらブラッシングをして、ブラシの先がどこの面に当たっているかを確認します。
イメージした場所にブラシをもっていくのはなかなか大変かもしれません。
今まで鏡をみていないかたも方も時々は鏡をみて自分のくせをチェックすることをおすすめします。
 
 

フロスのただしいやり方

 
 
フロスする女性 写真

 歯周病の多くはハブラシのとどかない歯と歯の間からはじまります。
フロスはこの歯と歯のあいだのプラークを除去するのに大変効果的です。
でも、残念なことに適切なフロスのやり方をマスターするには時間と練習が必要です。
最初は大変ですが、しっかりとマスターしてください。
フロスが適切に使えれば、歯周病やむし歯を防ぐのに大きな役目を果たしてくれると思います。
まずはじめに、フロス(WAX付きがやさしいでしょう)をケースから出して、指先から肘くらいの長さでカットします。
次に片方の中指に軽く巻いていきます、反対の中指にも軽く巻きつけます。
その状態でフロスを両手の人差し指と親指でつまんで引っ張ります。両手の指先の間隔は2,3cmがやりやすいと思います。
そこまでできたら、歯と歯の間に前後にゆらしながら入れていきます。
決して歯ぐき方向に押し込まないでください。
フロスが歯ぐきの高さまで挿入できたら、歯のカーブをイメージしながらフロスを上下に、歯のカーブに沿わせてプラークを取り除いていきます。
フロスを入れたスペースには、掃除をしなければいけない面が前と後ろ2つあることを忘れないでください。また一番奥の歯の後ろの面も忘れずにフロスを沿わせてください。
すべての歯面にフロスをかけたら、よくお口をゆすいで完了です。
 
 歯のならびや大きさ、歯ぐきの状態など、お口の環境は様々です。
当院ではよりご自身にあわせたブラッシングとフロスのやり方をご指導致しますので、
実際にブラッシングの指導を受けていただくのが近道かもしれません。
 

歯のしみ(知覚過敏)について

歯のクリーニングのあとに冷たいもの、温かいものに歯がしみてくることがあります。これは一時的なものがほとんどですので、ハブラシやフロスでお口の清掃をするのをやめないでください。もし歯の表面が清潔でないと、この知覚過敏はより進行してしまうことがあります。
万が一、ハブラシやフロスが当てれない程のしみがある場合は、治療が必要思われますので、ご連絡ください。
 

口腔ケアグッズについて

 
現在、大変多くの口腔清掃に関する商品が発売されています。
本来はおひとりおひとりにあったものを、歯科衛生士が選んでお使いいただくのがベストだと思います。
ここでは、一般論として書かせていただきます。
まずよく質問される『電動ハブラシ』についてですが、ほとんどの患者様にとって安全で効果のあるものだと思います。
これにもいろいろな種類がありますが、適切なやり方でご自身にあったものを使用されることが大切です。
次に、うがい薬ですが、それだけでは決してプラークを取り除くことはできません。
お口の中がさわやかになりますが、残念ながらプラークは取り除けていませんので、ブラッシングとフロスを必ずあわせて使用してください。
 
 
 

プロフェッショナルクリーニング (歯科医院での口腔清掃)

 
 
クリーニング 写真

 
毎日、ご自身でのブラッシングやフロスを続けられると、プラークや歯石は最小限の蓄積ですみます。しかし、100%ご自身で汚れを取り除ける方はまずいません。歯というものは構造が複雑です、ブラシやフロスが行き届かなかった場所にプラークや歯石が蓄積されます。
この残ったプラークや歯石を、歯科衛生士が専門の道具でクリーニングしていきます。
 
このプロフェッショナルクリーニングは歯周病予防、むし歯予防を行ってゆく上でとても重要な部分です。
 
定期的に歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニングを受け、歯周病予防、むし歯予防を行い、生涯自分の歯で食事ができる健康なお口を保ちましょう。
 
 
 

Feature of  MONDEN DENTAL CLINIC

3つの特徴

 
 

お口の健康管理のご提案

すべての方にこれからの
お口の健康管理について
のご案内をしています。
 
 

マイクロスコープによる治療

ほとんどの治療をマイクロスコープ
(手術用顕微鏡)を用い、
拡大視野で行っています。
 
 

丁寧な診療とわかりやすい説明

お口の中は暗いため、
見えにくい所も多いです。
日頃からていねいな診療と
わかりやすく説明することを心がけています。